ぽえみ~な雫
ポエムの雫が手のひらを通りぬけ、心にしみ込む☆詩と写真を中心に、きまぐれに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091224新宿


絵文字名を入力してください


浅い眠りのなかで僕は 君を呼んだ
いるはずがないけど 暖かい体温に包まれる夢


あの頃 ふたり 戯れながら聴いたクリスマス・ソング
両手に抱えた 金色のリボンのクリスマス・プレゼント
たいせつな愛
真冬でも凍えることのない 暖炉のような恋
・・・忘れられない


あの頃を忘れるために 白い雪で僕を埋め尽くして欲しい
僕の心を 氷の城壁に閉じ込めて欲しい
やがて 雪が溶け 痛みが消え 春がやってくる
・・・そう 僕は信じるよ


サンタクロース


★.:☆ ひとこと ぽつり ★.:☆.:★.:☆.:★
クリスマスが終われば、2009年もあとわずか。
今年も、『ぽえみ~な雫』を読んでくれて、ありがとう。
『詩』はライフワークの一部として、来年もマイペースで書いていきます。
また、メインブログ⇒『三丁目の~』 にも、ご訪問ください。
カウントダウンが始まり…年賀状、大掃除、早く済ませなくちゃ!(汗)
来年もよろしく~~♪





bell  ★【081】 2009.12.24 (▲)  ★写真・新宿イルミ(2009.12)
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

クリスマスソングの後に…
あなたの隣で
クリスマスソングを聞きながら
キャンドルが溶けてなくなるまで
見つめていた16歳のクリスマスイブ


クリスマスイブは嫌いだ。
…一緒にいられないことを思い知らされるから。

そう呟いて
淋しそうに肩を抱いたあの夜

イブに重なる思い出はベルベットの空に輝く星に似ている。

そばにいられなくても
あなたの幸せを
祈っているクリスマスイブ

あなたの笑顔が私の望みだから

サンタクロースに
お願いするわ

あなたに笑顔を届けて欲しい…と。

私は
1人でも大丈夫。

変わらずにずっと
祈っているわ

クリスマスソングに載せて…届ける
あなたを好きな気持ち

きっとあなたに
届くと…信じて
【2010/01/10 15:07】 URL | きゃんでぃ #-[ 編集]
きゃんでぃさんへ
きゃんでぃさん、どうもありがとう。
16歳の淡い思い出…
なつかしいですよね。
あの頃は、永遠を信じていた…
いや、今でも信じているけど…その意味するところが違うような…
きっと…
きっと届いた!そうさ!届いたさ!
今年も、どうぞよろしくお願いします。
【2010/01/17 03:14】 URL | ヒロジョー #eoiZu7NI[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ヒロジョー

Author:ヒロジョー
ヒロジョーのPOEMのブログです。
デジカメで撮った写真も添えます。
気まぐれに投稿します。
★ ★ ★
ここは詩専門のブログですが、他にメインブログも作っています。
詩ではマジメですが、メインブログでは、バカなことばかり書いていますよ(^_^;)
リンク欄からクリックして、遊びにきてね♪
(別のハンドルネームなので、ご注意くださいね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。