ぽえみ~な雫
ポエムの雫が手のひらを通りぬけ、心にしみ込む☆詩と写真を中心に、きまぐれに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090924(0709浜離宮)


木


ぼくらは小さな諍いで 愛の積み木を崩しかけ
許しあう大きな気持ちを 枕の下に置き去りにしていた


きみが泣いたとき ぼくは初めて気づいた
ぼくが叫んだとき きみはやっと思い出した


秋の高い雲の間から カーテンの隙間から
白い一筋の光が やさしくキラキラ照らしかけてきた
きみの胸に頬を ぐっと押しつけ
ぬくもりを確かめ合った


ハート  LOVE


★△☆★ ひとことぼつり ★△☆★
ひとこと…ぽつり…秋ですねえ♪
お彼岸団子、食べ忘れました。
詩とは関係ないけど…食欲の秋なので…(笑)


注※ 漢字の読み…諍い(いさかい)




nease-6 ★ 【076】  2009.09.24 ▲   ★写真・浜離宮庭園(2007.09)
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

ふたり
一つになりたかった

同じ景色を見て
美しいと感じて

同じものを食べて
おいしいと感じて

同じ曲を聞いて
心震わせて


深い場所で
あなたを包み

愛の雫に
あなたを感じても

同じ時間を過ごし
身体を重ねても

一つにはなれないこと

知った時に
人は大人になる

ひとりはひとり
ふたりはふたり

ひとつになれないから

離れぬように
離さぬように

互いに見つめあう心

眼差しの中に
ふたりがいる幸せの瞬間
【2009/09/25 20:05】 URL | きゃんでぃ #-[ 編集]
きゃんでぃさんへ
きゃんでぃさん、どうもありがとう。
ふたりで同じ時間を共有し続けたなら…
どんなに幸せなことだろう。
離さぬように…
離れぬように…
いつまでも、信じていたいけど、
それは一瞬の幻なの?
恋って、切ないだけなの?
【2009/09/28 00:57】 URL | ヒロジョー #eoiZu7NI[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ヒロジョー

Author:ヒロジョー
ヒロジョーのPOEMのブログです。
デジカメで撮った写真も添えます。
気まぐれに投稿します。
★ ★ ★
ここは詩専門のブログですが、他にメインブログも作っています。
詩ではマジメですが、メインブログでは、バカなことばかり書いていますよ(^_^;)
リンク欄からクリックして、遊びにきてね♪
(別のハンドルネームなので、ご注意くださいね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。