ぽえみ~な雫
ポエムの雫が手のひらを通りぬけ、心にしみ込む☆詩と写真を中心に、きまぐれに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090425新宿御苑(0704)お絵かき


はんげつ


白い月 昼の月
おぼろにひっそり 5月の晴天に浮かぶ
忘れかけていた君の 白い肌のように
想い出の空虚な残骸のように


消えそうで 消えない 白い月 君の残像
美しくも哀しい 失くした恋
そして僕は見失った 空の眩しさに目を 閉じた


涙


★.:☆ ひとこと、ぽつり ☆.:★
昼間でも月は見えているんです。
満月と新月の時を除き、半月と三日月の時は日中でも晴天なら見えているそうです。
でも、普段は気にも留めないし、気づかないですよね。
たまに、「え?昼なのに月が」って、驚くことも。
なので、昔から季語や俳句にもほとんど登場しないし、
○○月とかいう、叙情的な特別な名前もないそうです。
「昼の月」…つまらないから、僕がネーミングしましょう。
「アフタム~ン」…いやこれはダジャレ(笑)
「忘れな月」なんて、どう??

(※ 写真の月は、手書きです)




ミッフィー  ★  【065】 2009.04.25 ○   ★写真・新宿御苑(2007.04)
・・・
■僕のメインブログもよろしく♪⇒ 『三丁目の~』 (HNは別の名です)
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

090415芝公園(0904)


アップロードファイル


甘いキスは さくらんぼの香り  
結んだヘタを お皿に並べ 
どうりできみは キスが上手いはずだね
ふやけるほど キスをしたのに まだせがむの?


ときおり さみしい横顔を見せるけど
今がよければ 明日なんてどうなってもいいじゃないか
たとえ 未来が氷河や隕石の雨が降ったとしても
こうして ふたりで とろけてしまえば


撫子*ピンク(黒い背景付き) †SbWebs†


★.:☆ ひとこと、ぽつり ☆.:★
さくらんぼのヘタを舌で結ぶなんて、信じられません。
でも、そんな女の子と、キスをしたいというのは、言うまでもありません(笑)
いや、男のぼくも練習すれば、もっとモテるかな?(爆)
なお、この詩は、僕のメインブログに08年5月に掲載したものです。

ぜひ、★メインブログ『三丁目~』(←クリック)も見てね!(HNは別の名です)




トラ ★ 【064】  2009.04.15 (▲2008.05)  ★写真・東京タワーとサトザクラ(2009.04)





テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ヒロジョー

Author:ヒロジョー
ヒロジョーのPOEMのブログです。
デジカメで撮った写真も添えます。
気まぐれに投稿します。
★ ★ ★
ここは詩専門のブログですが、他にメインブログも作っています。
詩ではマジメですが、メインブログでは、バカなことばかり書いていますよ(^_^;)
リンク欄からクリックして、遊びにきてね♪
(別のハンドルネームなので、ご注意くださいね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。