ぽえみ~な雫
ポエムの雫が手のひらを通りぬけ、心にしみ込む☆詩と写真を中心に、きまぐれに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080731板橋熱帯植物園(2007.07)


yuuhi


波打ち際 たわむれる君 ハイビスカスの花飾り
濡れた髪に いとおしく咲く


夕暮れせまる 夏の陽炎 水平線
どうしようもない胸の高鳴りが 砂の中に埋もれていく

          
みだれ髪 そっと手に巻きつけて 唇で噛む
甘い吐息が 満ちる潮の中で吹きかかる


失うものは何もないはずだった あの頃
せまりくる夕暮れの海 花飾りに涙の光がキラリ…






★.:☆ ひとこと、ぽつり ☆.:★
暑中お見舞い申し上げます。
暑さは、大の苦手な僕です。
遠いあの夏の日の想い出…映画やドラマにありがちの…
あの頃はよかったなあ…?(笑)
いやいや、今年も夏は始まったばかり!
楽しい恋や思い出をいっぱい作りましょう!




絵 ★【044】  2008.07.31 (▲2007.07)  ★写真・板橋熱帯植物園ハイビスカス(2006.07)
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2008.07.18(2007.12)

絵文字名を入力してください


かけがえのない愛
かけがえのない君
屋根の上に落ちる 雨に溶けた夢の残骸
厚い雲が街並みを  ぐしゃりと押しつぶす


ぼくらの明日は さまよう亡霊になり
甘酸っぱいキスは 炭酸水に混じって蒸発する
かけがえのない君を
かけがえのない愛を
かけがえのないすべてを
失ってしまったんだね


アイコン名を入力してください

★☆★ ひとことぽつり ★☆★
愛の詩は、悲しい、せつない想いが大多数だ。
ついつい、悲しい響きの名詞、形容詞、動詞を選びたくなる。
かといって、あまり暗くなりすぎず、適度な美的センスやおもしろさも大切だ。
本当に悲しい時は、悲しい詩を書くべきでないし、
むしろ楽しい時に悲しい詩を書く方が、冷静に言葉を選べる。
と、まあ、僕の持論ですけど(笑)。



ウサギ ★ 【043】  2008.07.18 (2008.05)  ★写真・お台場(2007.12)

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

080705新宿御苑0805



きたない花


足元に咲く、タンポポの花を
アスファルトの隙間に生える
健気なタンポポの花を
ぼくは気がつかないで踏みつけていた
白壁のマンションに飾られた
可愛らしいピンクのチューリップに気を取られ


お花


☆★☆ ひとことぽつり ★☆★
アスファルトやコンクリートの細い隙間から、よく花が育っているのを見かけます。
それをみると、健気に思い、生命力の強さも感じますよね。
この詩は、十萌さんの詩へ「返詩」?としてコメントしたものです。
さらりと書いたけど、意外に自己満足?(笑)して、書き留めておきました。




Kiki ★ 【042】  2008.07.05 (2008.05)   ★写真・新宿御苑(2008.05)

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ヒロジョー

Author:ヒロジョー
ヒロジョーのPOEMのブログです。
デジカメで撮った写真も添えます。
気まぐれに投稿します。
★ ★ ★
ここは詩専門のブログですが、他にメインブログも作っています。
詩ではマジメですが、メインブログでは、バカなことばかり書いていますよ(^_^;)
リンク欄からクリックして、遊びにきてね♪
(別のハンドルネームなので、ご注意くださいね)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。